株式会社プロトパートナーズは洗面ボール・手洗ボウル・洗面器・ーを激安価格で販売しています。

2020-01-03

ファヴィア "ラ・マグダレーナ" ナパ・ヴァレー [2013] (正規品) Favia La Magdalena
【同銘柄】歴代二位
■自身初のパーフェクト・・・・100点戴冠をも果たした
渾身のキュヴェがこのマグダレーナ。米国最上フラン。

【Favia "La Magdalena" Napa Valley 2013】

@ 完全割り当て配布(一桁) @


前作'12年で自身初のRP100点戴冠を果たしたワイン…
それが 『ラ・マグダレーナ』。そしてその最新ヴィンテージにして同銘柄歴代二位にあたるヴィンテージがこちらの'13年です。満点奪取の影響から大幅値上がりも心配されましたが、むしろ前回より安い二万円台が実現。年号違いとはいえ、ナパのパーフェクト達成銘柄としては破格の部類に入ります。



因みにこの'13年も完全割り当て制で、当店が貰うことができた数量も一桁オンリーの下記現品限り。正規インポーターも割り当て数を消化した時点で "完売済み" となっております。追加不可。

※現代のナパカベ・シーンを牽引する百点醸造家の四天王といえば…
■ボブ・レヴィHarlan Estate/Sloan/Bond/Levy&McClellan)、■アンディ・エリクソンScreaming Eagle/Staglin Family/Dalla Valle/Arietta/Ovid/Dancing Hares/Favia)、■トーマス・リヴァー・ブラウンSchrader/Tor/Rivers Marie/Revana/Jones Family/Maybach/Outpost/GTS/Wallis/Harris Estate/Casa Piena/Pulido Walker/Tamber Bay)、■フィリップ・メルカDana/Hundred Acre/Bryant Family/Seavey/Lail/Vineyard 29/Parallel)。

[ 過去履歴含む ]


▼ファヴィア(Favia)
ファヴィア・エリクソン・ワイングロワーズは、アニー・ファヴィアとアンディ・エリクソン夫妻のコラボレーションにより2003年に生まれました。その哲学はシンプルで、「ソウルフルなワインを作ること…自然に則して、畑の個性を忠実に再現すること」。理想的なブドウを作るための土壌、気候、栽培に関わる様々な条件を考慮し、生産者と強いパイプを作ることで、完璧なブドウ栽培は可能となります。醸造過程ではなるべく手をかけず自然なままでブドウを発酵させワインになるように、注意深く観察しながら見守ります。化学、芸術、自然の3つが融合することで、独特の個性を持つ比類ないワインが生まれるのです。醸造家はナパ四天王の一角、夫のアンディ・エリクソン。栽培を担当するのはスクリーミング・イーグルの栽培管理も手掛けた妻、アニー・ファヴィア。2016年秋、クームスヴィルにファヴィアのワイナリーを建築中です。

ラ・マグダレーナの100点獲得を筆頭に、近年、加州フラン・ベースのワインが盛り上がりを見せています。

絶対王者ダラ・ヴァレの 『マヤ』 は依然として人気ですし、【RP98点】到達のメルカのPB、『ラ・メケッラ』は、『ヴェリテ・ル・デジール』 と並ぶソノマ・フランの二大巨頭と言えます。最新鋭100点ナパの一つ、ビーヴァンの 『シュガー・ルーフ』 はシュヴァル・スタイルのフラン&メルローの50】50。わずか三作目にして【RP99点】を奪取したもう一つのオーヴィド、『ヘクサメーター』 はフランを2】3も用いたもの。そしてやはりこれまで【RP99点】を最高評価としていたフラン・ベースのキャプサンディによる 『ラプソーディア』 は、遂に'15年にフラン100%となり、暫定ながらアッパーポイントで【RP100点】に到達。ルック・モレ初の【RP100点】ボトルも、ピノやシャルドネではなく、『フォルス・デ・ラ・ナチュール』 なる100%のオークヴィル・フランでした。

ラ・マグダレーナ(La Magdalena)

'03年よりスタートした、ファヴィアの最上級。'13年はカベルネ・フラン69%にカベルネ・ソーヴィニヨン31%。

オークヴィル・ランチの畑は、シルヴァラード・トレイルの東、オークヴィルAVAの最東端の斜面にあり、その斜面の下にはダラ・ヴァレ、ピーター・マイケルなどの超プレミアム級の畑があり、それらを見下ろす位置に広がります。斜面の上部はプリチャード・ヒル。

更にファヴィアがこのワインの為に購入するブドウは、誰もがほしがる斜面最上部の、世界的に見ても最高級のカベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランを産する区画です。ノン・フィルターでボトル詰めされるワインは、濃い色合いから印象深く香り立つアロマが大きな魅力です。年産は≪228ケース≫ぽっきり。

Wine Advocate #222(2015.12)より 【RP97点

「The 2013 Proprietary Red La Magdalena, which I think contains a good bit of Cabernet Franc in the blend, has a dense bluish/purple color, a wonderfully sweet inner core of graphite, blueberry liqueur, black raspberries and cassis. Medium to full-bodied, with flawless integration of tannin and acidity, this is a terrific example of top-flight viticulture and winemaking. It’s no wimpy wine at 14.8% natural alcohol. The tannins are soft enough to give the wine accessability now, but it should continue to age nicely for 20+ years.」

2013年ヴィンテージはカベルネ・フランとカベルネ・ソーヴィニヨンの熟成のピークが同時だったため、混醸しました。混醸の効果は劇的に表れ、二つの品種の特性が肌理細かくしっかりと織りこまれて、素晴らしく力強く香り高いワインができました。青系ベリー、ナツメグ、シガー・ボックス、キルシュの深いアロマに、パイのサクサク感。ラズベリーとカシスの味わいにしっかりしとした骨格があり、筋肉質ながら、華やかさ、味わいの広がりと継ぎ目のない滑らかなフィニッシュが途方もなく長く続き、長熟型のワインでありながら若くからも楽しめるものにしています。熟成期待値は20年以上。

完全割り当て制、かつ輸入元完売済み。現品限りとなります。

【USR】【CAB】
■表示数限り(最終在庫)です。
■パーカーポイント97点

[RP97点] 
完売致しました。有難う御座いました!

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • クール便
  • 店頭受取